1. TOP
  2. 新築住宅
  3. お家を資産として活用

新築住宅

お家を資産として活用

一般社団法人 移住・住みかえ支援機構(JTI)の「マイホーム借上げ制度」は、シニアの皆さま(50歳以上)のマイホームを最長で終身にわたって借上げて転貸し、安定した賃料収入を保証するものです。

これにより自宅を売却することなく、住みかえや老後の資金として活用することができます。

「かせるストック」とは、いつでもJTIの終身借上げの対象となる家。

つまり長期にわたって現金収入を生んでくれる家です。

「家を建てる前から、賃貸に出すことを考えるの?」と思われるかもしれませんが、簡単な手続きで家を資産として活用できることは、ハウジングライフに自由と安心をもたらします。

リフォームをする際に、制度に適応した住まいにしておけば、賃貸住宅として「かせるストック」が活用できます。
空いたお住いを改修、耐震補強で耐震性能を上げる事で賃貸住宅にすれば資産の有効活用になり、今のお住まいであれば、転勤、移動などといった、いざという時の備えにもなります。
空き家の痛みを抑えて資産価値を守れますし、住宅履歴でしっかりお家の管理、5年ごとの定期点検でメンテナンスを行います。
耐震改修の費用もJTIが負担します。(耐震改修工事費用は、家賃収入より支払われます。)

PAGE TOP