1. TOP
  2. 新築住宅
  3. casa basso

新築住宅

平屋の家 casa basso

プラン

家族構成や生活スタイルが変化しても
長く住み継がれる強く美しい家

コンセプトはいつまでも長く住み継がれる家。
現代の住宅の寿命は30年以上と長く、その年月の中でまわりの環境や家族構成、生活スタイルも少しずつ変化します。


開放的な天井高

平屋だからできる4mを超える圧倒的な高さの天井高が、リビング空間を開放的に演出してくれます。
庭に面しているため、大量の自然光がはいりこみ、心地よい雰囲気をつくりだします。


庭と繋がる空間

どの部屋からも、縁側を介して庭と繋がることができる設計になっています。
特にLDKには、大きな窓を配置しており、デッキを設けることでLDKと庭との一体感が生まれ、広く豊かな空間が生まれます。庭と繋がる平屋ならではの魅力です。


美しい軒の出とデザイン

バッソの大きな魅力の一つに1m35cmの深い軒があります。この軒は、設計士がなんども模型を作り、いちばん美しい軒の角度、深さを割り出しましたもので、普遍的な美しい比率になっています。
シンプルな外観は、華美ではない自然で落ち着いた美しい印象を与えてくれます。


使いやすい家事動線

庭とリビングを見渡すように作られたアイランドキッチンなので、家族の様子を見ながら食事の準備ができ、さらに裏に、洗面室、バスルームが設置されておりますので、最小限の動線で、日々の家事を行っていただける設計になっております。


床材にこだわる

カーサバッソの床は、視覚的に空間全体の広がりを生む幅の広い三層構造の無垢のオーク材を使用しています。
無垢材は調湿性、保温性もあり、肌触りがよくメンテナンスも簡単な、優れた建材です。


メンテナンスが少ない家

外壁は、仕上がりが美しい左官仕上げの壁で、継ぎ目のなく、高い防水性とメンテナンス性が特長です。
さらにカーサバッソの外壁は、深い軒によって直接の風雨から守られていますので、劣化が遅く、その結果メンテナンスの回数がぐんと減ります。


建築家プロフィール

柳瀬真澄

福岡県生まれ。1977年福井大学建築学科卒業後、一級建築士事務所環境計画入社。1984年柳瀬真澄建築設計工房設立。住宅、医院、教育施設等、幅広い空間づくりに携わる。1986年木造住宅優良事例コンクール・優良賞、1998年福岡県建築住宅文化賞・優秀賞、2002年INAXデザインコンテスト・銀賞、2009年第2回建築九州賞・JIA特別賞など受賞歴多数。九州産業大学建築学科で非常勤講師も務める。

casa basso [カーサバッソ] 長く住み継ぐ平屋の家

サムネイル

casa商品住宅

casa建築家シリーズ

PAGE TOP