1. TOP
  2. WEBマガジン・ブログ
  3. スタッフブログ
  4. 【最大45万の補助金事業の取扱い開始 新築・リフォーム】

スタッフブログ

【最大45万の補助金事業の取扱い開始 新築・リフォーム】

新築建替え・中古住宅購入・エコリフォームで最大50万お得になる3つポイントをご紹介 ♪


「住宅ストック」ということですから、既存の住宅を良質化する制度です。

さて、この事業のポイントは3つです。

1建替される方で新築を検討されている方
2中古住宅の購入を検討されている方
3エコリフォームを検討されている方

1~3の項目に該当する方は補助金を頂けるチャンス♪です。
※新規で土地を購入して新築を検討されている方は対象外です。

詳しく3つのポイントで解説します。

 

 

ポイント1
【良質な既存住宅の購入】
限度額50万円/戸 (耐震改修含む場合は+15万円)

いわゆる良質な中古住宅購入への補助をするもので、併せてエコリフォームや耐震改修などにも補助がされるものです。
※注意点 40歳未満であること(若い方の住宅所得支援を主体にされたものですね。)
インスペクション(建物検査)は必須になります。

ポイント2
【エコリフォーム】
限度額30万円 (耐震改修含む場合は+15万円)

正しく、住宅ストック。既存の住宅を現状の性能から向上させることが目的とされています。
断熱材を付加したり、住宅設備機器を高性能なものにしたりして、住宅から排出されるエネルギー量の削減。

併せて、耐震性能が旧基準(昭和56年5月31日以前の建物)などで不足していたりしている住宅を改修して現行の性能に引き上げるなど、新築しなくとも、既存住宅の性能を向上し、国内にある住宅全体の質の向上化を目的としたものでもあります。

ポイント3
【エコ住宅への建て替え】限度額50万円

既存の住宅が古いなどで、性能の不足している住宅を建て替える為の補助制度です。
建て替わることで、住宅の性能が以前よりも向上していることが必要ですから、長期優良住宅や、長期優良住宅等を兼ね合わせ更に省エネ性能を高めるなどで補助額が変わります。

エコリフォームで貰える補助金工事一覧はこちら

エコリフォーム必須工事
《開口部(窓)の断熱リフォーム》
※補助額合計が5万以上が条件。
内窓設置・外窓交換
 大(2.8㎡以上) 20,000円 中(1.6㎡以上2.8㎡未満) 14,000円
 小(0.2㎡以上1.6㎡未満) 8,000円
ガラス交換
 大(1.4㎡以上)   8,000円 中(0.8㎡以上1.4㎡未満)   5,000円 
 小(0.1㎡以上0.8㎡未満) 3,000円
玄関ドア・引戸交換
 大:ドア(1.8㎡以上)引戸(3.0㎡以上) 25,000円 
 小:ドア(1.0㎡以上1.8㎡未満)引戸(1.0㎡以上3.0㎡未満) 20,000円

《設備エコリフォーム》
※5つの内、3種類以上の設置が条件です。
節水型トイレ 24,000円・高断熱浴槽 24,000円・節湯水栓 3,000円・
高効率給湯器 24,000円・太陽熱利用システム 24,000円 

※上記と合わせてリフォームすればさらにお得!補助金額が加算されます。
《設備エコリフォーム・バリアフリーリフォーム・木造住宅の劣化対策》

 

おすすめリフォームプラン(一例です。)


【住宅ストック循環支援はいかに】

国内にストックされた6000万戸程の住宅の
質の向上など、より良い世の中に向かうようにとの想いも含まれているように思います。

 ・まずは質の高い住宅が資産になること。その評価方法の見直しも今後進む事でしょう。
これからは、間違いなく住宅の質。住宅を維持管理していく。
その為には定期的な住宅点検(住宅メンテナンス)・インスペクションが大事になります。

・近年、地震活動も活発化していてどこで、地震災害等に見舞われるか分かりません。
 最近では鳥取で震度6と大きな地震が発生したばかりです。
 耐震性は法律をクリアーさせるだけでなく、余力を持つことが大事だと思います。
 大きな地震に見舞われ、家という財産を一瞬で失うのではなく、しっかり次世代に財産と
 して譲っていくためにも耐震性能も重要になります。

※要件がそれぞれでことなりますので詳しくは、THEHAUSなかやしき㈱へお問い合わせ下さい。
 

補助金を使って賢くリフォームしませんか。

PAGE TOP