1. TOP
  2. WEBマガジン・ブログ
  3. スタッフブログ
  4. 【行橋大野井・Nさま邸】卵撒き?!寒い日の棟上げ

スタッフブログ

【行橋大野井・Nさま邸】卵撒き?!寒い日の棟上げ

大寒卵ってご存知ですか?

THE HAUSなかやしき株式会社 福岡行橋店・住宅アドバイザーの池尾です!

大寒の日に産まれた卵を食べると縁起がいいんですって!

子供が食べれば体が丈夫になり、大人が食べると金運に恵まれるそうです☆

 

今でこそ品種改良されて温室で生活するニワトリさんは年中卵を産んでくれますが、その昔寒い時期は産まなかったそうです。

 

そのため、寒い時期に産まれる卵は大変貴重で、寒さに負けることなく産み落とされた卵には滋養があり、強運を持っていると信じられ、縁起物として扱われるようになったそうです。

 

そんな大寒卵に・・・今年ありつけました!!

 

なぜって??それはね・・・

 

 

大安吉日!大寒日に棟上でしたー

現在、THE HAUSなかやしき株式会社で絶賛(特に平屋を建てる方へ)オススメしている土地、大野井分譲地の1区画で進めていましたNさま邸の棟上げが行われました!

 

連日寒い日が続いてますが、この日は前日が嵐だったこともあり、現場が天然のアイススケートリンクに・・・まずはその氷を落とすところからはじまりました。

 

準備が整ったところでNさま到着!棟上をはじまる前に工事の安全を願って「かかりの儀式」を執り行いました。

 

四隅にお塩とお米とお酒をかけてお清めをし、いよいよ今日一日の大仕事がはじまります。

 

 

床一面に敷いていたビニールシートに氷がびっしり!アイススケートリンク状態に間に合わなかったのですが(涙)落とした氷の量でご勘弁!

かかりの儀式。家の四隅を塩・米・酒でお清め。

柱になにやら暗号のような文字が・・・

雑用を済ませて、現場に戻ると柱がほとんど建ってました。

柱には暗号のような文字が記載されています。

 

これは通り芯番号といいまして、柱と柱の真ん中を結ぶと線になり、その線の番号を指します。建築では大体、縦の通りを1、2、3・・・と数字、横の通りをい、ろ、は・・・のひらがなで表します。

 

柱に記載されている「一Fよ三」とは1Fの「よ」通りと「三」通りの交わったところの柱という意味なのです!

どこの柱か一本一本間違えないように記載されているんです!

柱の番号は施工図面の通し芯番号と連携してます。一本一本どこに配置されるものかを記載しているものです。

 

 

 

 

 

どーん!クレーンの登場!!

個人住宅でも、今回のような平屋建てでも昨今の建築現場では当たり前の光景ですが、木材を運ぶ役割を果たすクレーン車・・・圧巻の存在感です。

かっこいいです。

クレーン車が作業効率の一役を買ってくれるので、棟上を一日で終わらせることができます。

 

どんどん形ができていく様子はいつみてもわくわくします。

と、ここで主役の?卵登場

通常の棟上では屋根の上から餅をまく習慣がありますが、Nさま邸では大寒という事もあって卵をまきましたー

・・・というのは大嘘です。スミマセン。

 

現場が大変なことになりますし、せっかくの大寒卵をまくなんて!!Nさまより差し入れいただいた卵は大工さん達と分け合って大事にありがたく頂戴しました☆

 

この場をお借りして改めてお礼申し上げるとともにそして、この日の棟上が無事終了したことと、今後の工事の安全を祈って・・・合掌!

 

「大寒卵」という存在を3●歳にしてはじめて知りましたので、ここで知識を皆さんにおすそ分けです。

THE HAUSなかやしき株式会社 福岡行橋店・住宅アドバイザーの池尾でした。

PAGE TOP