1. TOP
  2. 新築住宅
  3. 設計・デザインのご提案力
  4. 建築士

新築住宅

建築デザイン事務所 ルーツデザインスタジオ/二級建築士
日本商環境デザイン協会 九州支部(JCD-KYUSHU)所属
寺坂太志

仕事でもプライベートでも楽しむことを第一に。

楽しむというのは、心が躍る、心が動かされる、感動するということ。
私たちはデザインを生み出す立場として、常にその感動を提供することが使命であると考えます。
だからこそワクワクしたり、ドキドキしたり。そんな体と心で感じる感覚を大切にしています。
本当に美しいものには規則がありますが、理屈は必要ありません。

住まいに関して言えば、リビングの広さや天井の高さ、いわゆる間取りにおける「○○帖」などよりも
「その空間でどんな豊かな生活を送られるか」
無駄な空間を設けることで生活の豊かさが向上するのであれば、そういうものを重視します。

そんな美しさや楽しさを如何にして可視化し、感動を届けることが出来るかということを大切にしています。


施工例

クライアントに合ったデザインをつかむための糸口

これは結婚でいうお見合いと同じです。クライアントに合ったデザインを掴む為の糸口となる重要な作業です。
住まいを考えるに当たり「何を大切にしているのか」を中心に、お客様の好きなもの、嫌いなもの、そういったものを中心に伺いながら土地の状況なども十分に検討して、空間の構成を捻り出していきます。

ご要望をもとに全体のデザインをイメージ

ヒアリングを基に、基本プランを作成いたします。
必要であれば模型を作成したり、ラフスケッチをご準備いたします。
動線計画からデザインの主旨までをプレゼンさせていただきます。
クライアントの要望を更に精査していきながら、家具などのインテリアのコーディネイトまで、全体のデザインイメージを創りあげていきます。

紙の上で空間を細部まで具現化

基本デザインが固まれば、それを更に細部にわたって検討して作図していきます。
現場デザイン監修実際にそこにいる感覚、使いやすさ、可変性などを考慮しながら、素材を決めたり、照明の効果をデザインしたりしながら、空間を紙の上で出来る限り具現化していきます。
この作業では窓の高さ一つとっても、とても重要な要素であり、住まいのデザインにおいて一番重要な作業になります。

空間の雰囲気を確認しながら、住まいに命を吹き込む準備

現場が進んでいる間、現場でのデザイン監修は勿論、お客様と現場で仕上げや、空間の雰囲気を確認しながら、ご要望があれば家具なども一緒に選びます。
住まいはお引渡し後、クライアントがそこで生活を始めてから命が吹き込まれます。
その後の成長を私も一緒に見守らせていただけると幸いです。

施工実績

PAGE TOP