コストを抑えつつ高性能デザイン住宅を建てる〜規格住宅「casa」のご紹介 - 北九州・行橋・中津で注文住宅を建てるならザハウス | THE HAUS
HOME > WEBマガジン > スタッフブログ > コストを抑えつつ高性能デザイン住宅を建てる〜規格住宅「casa」のご紹介
2021.04.20 | WEBマガジン
ザハウス

POSTED

THE HAUS

コストを抑えつつ高性能デザイン住宅を建てる〜規格住宅「casa」のご紹介

ザハウス

POSTED

THE HAUS

住まいは暮らしをデザインします。新たな住まいに足を踏み入れたときの感動が、一生、そして世代を超えて続いていく。それが「casaの家」です。
今回は、ザハウスの規格住宅「casaの家」をご紹介します。

 

casaの家とは

 

casaの家は、建売住宅でも注文住宅でもない“もうひとつの可能性”として提供している規格住宅です。デザイン・性能などそれぞれのコンセプトに基づいて開発されています。
建売住宅や規格住宅と聞くと、あまり魅力を感じないという方も多いかもしれません。それは、住宅会社がコストダウンを優先するあまり、設備や仕様、デザインなどのグレードを落とした住宅が世の中に溢れているからではないでしょうか。

そのイメージを覆すべく誕生したのが「casaの家」。通常の規格住宅とは全く異なる、はるかにグレードの高い住宅です。

 

デザイン性、機能性が高く、それでいて価格が安い。
「いいものをいかに安くつくっていくか」
機能、デザイン、コスト削減などを徹底して追求した、完成度の高い規格住宅。それが「casaの家」です。

 

選べる3つの規格住宅

 

ザハウスでは、「casa piatto(カーサ・ピアット)」「casa cube(カーサ・キューブ)」「casa basso(カーサ・バッソ)」の3種類の住宅を建てています。
デザインに合わせてフローリング材を無垢材に変更可能。無垢材ならではのあたたかさや肌触りが心地よい住まいにアップグレードしてくれます。

今回は、“生涯満足な平屋”「casa piatto」について詳しくご紹介していきます。

 

平屋で暮らすメリット

最近は、平屋を求める方が増えています。
平屋での暮らしには、どんなメリットがあるのでしょうか?

 

必要なものだけの豊かさ。暮らしやすいサイズ感

この数年、必要最低限のものだけで生活する“ミニマルライフ”が注目を集めていますよね。そんな軽やかなライフスタイルと平屋は相性抜群! マンションのようなちょうどよいサイズ感や暮らしやすさ、高い天井や庭といった戸建てならではの魅力を兼ね備えた平屋は、現代の住まいの正解の1つと言えます。

 

 

掃除もラクラク

家事の効率がグンとアップするのも平屋の魅力です。短い家事動線で家事にかかる時間を短縮! 重い買い物の荷物を上階に運んだり、洗濯物を干して、しまうために1階と2階を上がったり下りたりする必要もありません。節約できた時間で、趣味や家族とコミュニケーションできれば、暮らしはもっと豊かになります。

 

 

やりたい!を叶えるムダのない間取り

平屋は上階がない分、間取りの自由度が高いのが最大のメリット。階段や廊下など2階に必要な移動スペースが不要なので、限られた土地を余すことなく使うことができます。また、2階建てに比べて隅々に目が届きやすく、セルフメンテナンスしやすいのも特徴です。

 

 

子育てから老後まで、ずっとやさしい暮らし

自然と家族のコミュニケーションが増えるのも平屋の魅力。いつもお互いの気配を感じられる距離感は、好奇心いっぱいの子どもを見守るのにぴったり! 心のゆとりをもって子育てをすることができます。年齢を重ねてライフステージが変わっても、フラットでムダのない平屋は住まう人すべてにやさしい、誰もが長く住める空間です。

 

「生涯満足な平屋」casa piatto(カーサ・ピアット)

 

casa piattoは、「生涯満足な平屋」をコンセプトに設計された住宅です。
日々の暮らしを心地よくするために、そしていつまでも快適に過ごせるように、そんな想いとデザインが詰まっています。洗練されたデザインでありながら、自然との調和を生み出す豊かな空間をつくりあげます。

 

家を優しく守る、軒の深い屋根

1.1mの深い軒がつくる美しい水平ライン。あえて、雨樋(あまとい)を省いたことでよりシャープで美しいディテールに。地面と水平に広がる屋根は、夏は日差しを遮り冬は日差しを取り入れて、太陽光線や風雨から人と家を守り、心地よい環境を与えます。
雨の日も窓を開けて深呼吸。軒から滴る雨さえも景色の一部に。梅雨の長雨も特別感が増す、そんな風情を感じる暮らしを実現します。

 

高低差10cmの段差3段で構成した長いアプローチは、スロープよりも安心安全な構造に。屋根があるので、雨天時の荷物の搬入もスムーズに行えます。

 

 

家族を全方位から見守るLDK

 

家の中心に位置するLDKから家全体を見渡すことができます。家事をしながら、くつろぎながら、家族の様子を見守れます。家族同士の距離が自然と近づき、自然とコミュニケーションが増えていく間取りです。
リビングからフラットにつながったデッキが、住まいと庭をゆるやかにつなげるアウトドアリビングに。四季折々の自然を間近で味わいながら、空間に広がりを感じることができます。

 

スムーズな動線で快適な暮らし

寝室からリビング、お風呂やトイレも、すべてが平らにつながり、動線がスムーズに。

子育て中は家族のコミュニケーションが取りやすく、子どもたちが巣立ったシニア世代になって、2階を持て余すという心配もありません。ライフサイクルに対する快適性も魅力です。

 

家の約15%を占める収納スペース

 

家の約15%を占める自慢の大収納スペース。マンションを大幅に上回る収納スペースは、家族の思い出のモノが増えても安心です。

※プランによっては15%以下になる場合があります。

 

防犯面も安心なスリット窓

 

リビング以外の居室には、21cm幅の縦長スリット窓を採用。心地よい自然の風や光を取り込みながらも、外から家の中の様子が見えづらく、防犯面でも安心して暮らせます。外からは美しい外観デザインに、室内では部屋全体を高く感じさせてくれます。

 

 

災害にも強い

平屋は、地震や台風が多い日本において災害への強さも魅力です。2階・3階の高さがない分、強風や揺れの影響を受けにくい構造。災害にも強く、長く安心して住み続けられます。

 

今回は、規格住宅の「casaの家」から【casa piatto】をご紹介しました。

 

ザハウスのHPでは他にも数多くの施工事例を掲載しております。平屋の施工事例もありますので、ご興味がある方はぜひご覧ください。

RELATED POST

関連記事