1. TOP
  2. WEBマガジン・ブログ
  3. スタッフブログ
  4. ライフスタイルから考える!注文住宅の間取り別おすすめ収納【実例付き】

スタッフブログ

ライフスタイルから考える!注文住宅の間取り別おすすめ収納【実例付き】

ライフスタイルから考える!注文住宅の間取り別おすすめ収納【実例付き】

北九州・行橋市・中津市でハウスメーカーをお探しならTHE HAUS。「自然素材の健康住宅」をコンセプトに新築・注文住宅を提供しているTHE HAUSです。

 

注文住宅を建てるのであれば、暮らしやすい住まいを実現したいとお考えの方も多いのではないでしょうか。私たちザハウスのフルオーダー住宅やセミオーダー住宅の家づくりではご家族のライフスタイルやご家族構成などから、どこに、どのような収納が必要かを考える収納計画を行っています。

 

今回のコラムでは、暮らしやすい住空間に欠かせない「収納」について、間取り別に実例を交えて、間取り別に収納のアイデアやスペース活用術をご紹介します!

 

 


【リビング収納】

アウトドア系の趣味をお持ちのご家族にはシューズクローク

例えばゴルフや釣りなどアウトドア系の趣味をお持ちのご家族におすすめなのがシューズクローク。大型の荷物をスッキリ収納できる上、泥や汚れなどが室内に入り込むのを防ぐこともできます。ベビーカーなどもまとめて置けるので、小さなお子様がいらっしゃるご家族にもおすすめです。

アレルギーをお持ちのご家族にはコートクローク付きを

花粉症などのアレルギーをお持ちの方にはなるべく衣服についた花粉を家に持ち込まないように玄関で上着を収納できるコートクロークがあると便利です。可動棚やハンガーパイプをうまく組み合わせれば生活雑貨なども収納できて片付けがラクラクに!

とにかく荷物が多いご家族には収納スペースに引き戸をプラス​

なにかと荷物が多いご家族にエントランス部分と収納スペースを分ける引き戸をつけるのがおすすめです。急な来客時などには戸を閉めて隠すことができるので、慌てて片付ける必要がありません。


【ラバトリー収納】

着替えや身だしなみまでするご家族は​

一般的に、「ラバトリー」には洗濯機を設置するスペースを確保する場合が多いですが、着替えや身だしなみまで整える場として活用されるご家族には、ここにもできる限り収納を確保することをおすすめします。家族が衣類を各部屋まで取りに行くことなく着替えることができれば動線がスムーズに。

 

さらに脱いだ衣類をそのまま洗濯機に入れられたら、脱いだ衣類がリビングやダイニングに散らかることもありません。と言っても、ラバトリーに広いスペースを設けることができない場合もありますので、例えばスペースを取らない壁収納やラバトリーとつなげたウォークインクローゼットなどを設けると場所を取らずに使い勝手も良いです。


【キッチン収納】

「ちょくちょく買い物」より「まとめて買い物」派のご家族には

仕事をされているご夫婦は毎日買い物に行くことが難しく、休日にまとめて買い出し・・・というライフスタイルの方も多いはず。その場合、どうしても大量の買い物袋を持って室内に入ることになりますよね。そんなご家族にはキッチンにパントリーが設計されたお家がオススメです。食品のストックはもちろん、土鍋やカセットコンロなど季節物の調理器具などを収納できるので便利です。

 

また、そのパントリーを玄関や勝手口のそばに付けると重い買い物袋を遠くまで運ぶ労力を軽減できます。

来客が多いご家族は引き戸付きのキッチン収納​

キッチン背面の壁に収納を設ける場合、来客が多いご家族はぜひ引き戸付きの仕様に。収納棚に食品をストックできる棚や炊飯器、ポットなども納められるように計画すればキッチン周りがごちゃごちゃせずせずに、引き戸をスッと閉めるだけで内部を隠せます。突然の来客でも慌てず生活感のないキッチンを演出できます。

引き戸オープン時
引き戸クローズ時
お子様のお手伝い習慣形成に役立つキッチン台収納​

どうしても収納スペースは上に伸ばしがちなので、小さなお子様には手が届かないパターンがほとんどです。しかし、キッチン台に収納スペースを設けて食器などを納めれば、お子様でも開閉できて、食器の出し入れなど簡単なお手伝いをさせることができます。収納スペースの節約にもなって便利です。また、普段の家事もキッチン台収納があれば快適になります。

 

ただ、ダイニングテーブルを密着することができないためキッチン前のスペースをある程度確保することが必要になってくるので要注意です。


【リビング収納】

リビングに家族が集まるご家族には床下収納

「なるべくリビングに家族が集まるようにしたい」そんなご要望を持つご家族が多いですが、その場合はなるべくリビングを広く取りたいですよね。そんな方には収納スペースを節約できる床下収納がおすすめ。例えば和室など一部スペースを小上がりにすれば、その段差を利用して収納スペースとして活用できます。

インテリアにこだわりたいご家族には魅せる収納​

インテリアにこだわって、生活にオシャレさを取り入れたいご家族にはあえて見せる収納棚を造作するのもひとつの手です。ご家族のサイズや収納量、棚の材質などある程度カスタマイズできるので、他にはないご家族だけの収納スペースが出来上がります。収納とインテリアを兼ね備えた収納スペースが出来上がります。

【ロフト収納】

ザハウスではオプションになりますが、最近は「平屋+ロフト」の組み合わせが人気。お子様が小さい時には遊び場として、成長した後には収納スペースとして多目的に使えます。また、造作の机や棚などを設ければ、テレワーク時の仕事場としても使えるのが魅力です。

今回のコラムでは間取り別に実例を交えて収納についてご紹介しました。収納にも多くの種類があり、ライフスタイルに合わせた最適な収納を選択するのがポイントになります。人生で一番大きな買い物とも言われる注文住宅ですので、本コラムが、快適な住まい空間にするために大切な収納にこだわりたいという方の参考になれば幸いです。

 

ザハウスでは自然素材を使用した高性能な注文住宅を建築しております。お家づくりについての疑問や気になることがあれば何でもお気軽にご相談ください。

PAGE TOP