1. TOP
  2. WEBマガジン・ブログ
  3. スタッフブログ
  4. 暑い夏も快適に過ごせる家づくりのポイント

スタッフブログ

暑い夏も快適に過ごせる家づくりのポイント

暑い夏も快適に過ごせる家づくりのポイント

北九州・行橋市・中津市でハウスメーカーをお探しならTHE HAUS。
「自然素材の健康住宅」をコンセプトに新築・注文住宅を提供しているTHE HAUSです。

ついに夏本番を迎えましたね!本コラムをお読みの方々、体調を崩してはいませんか?
昨今の日本の夏の暑さは、もはや凶器と言っても過言ではありませんね。しかし、この暑さは家の性能によって大きく変わるということをご存知でしょうか。今回のコラムでは、夏の暑さを快適にする家の性能について、工務の嘉茂がお話します。

断熱性と気密性がカギ

夏の暑さを左右するのは「断熱性」と「気密性」。同じ室内温度であっても断熱性能によって体感温度にも差が出ます。
断熱とは、壁や床、天井などに断熱材を使って冬は暖かさを逃さないように、夏は暑さが入らないようにすること。ただ、どんなに断熱性能が高い家でも施工する上で隙間が多くあれば、熱を遮断することはできません。
断熱性とセットで重要なのが「気密性」。家の隙間をできる限り減らして外気の影響を受けにくくすることで、断熱性能が高まります。
 

湿度を下げるセルロース断熱材

ザハウスで採用している断熱材は、アメリカの厳しい審査で“最高の断熱材”と認められた「セルロース断熱材」です。住宅に使われる断熱材のほとんどが化学物質でつくられていますが、セルロース断熱材はパルプを原料とする紙製品を再利用してつくられています。つまり、カラダにやさしい自然素材なのです。

そんな自然素材のセルロースには、木が呼吸するように湿気を吸放出する作用があるので、夏の湿気をコントロールして快適な住環境をつくります。
一般的な断熱材は、断熱材と断熱材の隙間や断熱材を施工した壁の内側に湿気がたまり、内部結露を起こすことがあります。結露によってカビやダニが発生してアレルギーを引き起こしたり、建材を腐食させ家を傷める大きな原因となります。
 

一方、セルロース断熱材は、風圧をかけて壁に吹き付けるウォール・スプレー工法を採用。小さな隙間や手の届かない小さな空間も埋めることができるので、湿気の流動を抑えて結露を防ぎます。

夏の暑さは特に天井付近に溜まる暖かい空気が原因。そこで、ザハウスでは天井断熱材を30cmの厚みで施工しています。昼間に外から入ってくる熱を防ぐので、夜にエアコンを切った後も寝苦しさがなく熟睡できます。

約7割を占める断熱材にセルロース断熱材を使えば、自然素材に包まれた健康住宅に! 快適性だけでなく、人の健康まで考えられた業界トップクラスの断熱材です。

断熱性が高いサッシ&ペアガラス

外気の影響を受けにくくするためには、窓からの熱の移動を防ぐことが大切です。
ザハウスでは、断熱性・気密性が高いサッシとペアガラスを標準仕様で採用。外気の熱が室内に流入するのを防ぎ、暑い夏でも室内の温度上昇を抑えます。さらに、オプションで、より気密性が高いトリプルガラスも選択可能です。

断熱性と気密性が高い住宅は、冷暖房効率を高め、省エネ効果により光熱費も削減。部屋間の温度差も少なくするので、体への負担も軽減します。

調湿効果が高い無垢材

ザハウスの住まいには、自然素材の無垢材を使用。無垢材には、ジメジメしているときには湿気を吸収し、乾燥しがちなときは水蒸気を放出する作用があります。季節に応じて、適度な湿度の50〜60%へコントロール。それによってカビやダニの繁殖を抑えて、アレルギーや喘息を起こしにくい環境を実現します。
住むほどに違う表情を楽しめるのも無垢材ならでは。時間の経過とともに、自然な木肌の色から深みと艶を増していく様子や、長い暮らしの中でついていくキズやシミですらも美しく感じさせてくれます。触り心地が良く、思わず裸足で歩きたくなる心地よさも魅力です。

寝室のフローリングに無垢材を使用することで、夏の寝苦しさを回避できます。特に、杉のフローリングには、精神安定、良質な睡眠を促す効果のあるアルファピネンという成分が含まれ、香りによるリラクゼーション効果も。1日を過ごして疲れた心と体を癒してくれます。

室内での熱中症を予防

室外で多く発症しているイメージのある熱中症ですが、実は約3割が住宅の中で発症しています。また、発症者の約7割を高齢者が占めています。
断熱で外部からの熱の侵入を防ぐ高断熱住宅は、室内での熱中症を防ぎます。また、熱中症は湿度も影響します。湿度が高い場所は熱中症の発症リスクが高くなるため、湿度のコントロールも重要です。ザハウスは、セルロース断熱材や無垢材が適度な湿度に整えるため、熱中症が起きにくい環境に整えます。

大工さんにも好評! “住むならザハウスの家がいいですね”

「工事現場も快適」と大工さんにも好評なザハウスの家。他社と比較して断熱材の量が格段に多いので、断熱材が入る前と後では工事現場の体感温度が全く違うそう。断熱材が入った後は、とても快適に仕事ができるとのこと。たくさんの家に携わってきた大工さんから“住むならザハウスの家がいいですね”とお墨付きをもらっています!

建築家が提案する軒ありのデザインスタイル

ザハウスでは、建築家が太陽の入り方や風のヌケ方、空気の流れなど、緻密な計算のもとに設計しています。
軒の存在が和の情緒や趣を醸し出してくれるデザインスタイルでは、軒が高い位置を通る夏場の日差しは遮って、低い位置を通る冬場の日差しは室内に取り込みます。夏は室温の上昇を防ぎ、冬は室内に暖かさを呼び込み、自然の力で適度な温度に調整します。エアコンの稼働率が減るので、光熱費の削減効果も期待できます。

今回は、暑い夏を快適に過ごせる家づくりのポイントをご紹介しました。

◎ザハウスのHPでは無垢材を用いた施工事例を数多く掲載しております。さらに実際に建築された家に暮らしているお客様のインタビュー記事もありますので、自然素材の注文住宅にご興味がある方はぜひご覧ください。

◎ザハウスでは家づくりを始めた方にピッタリのお家づくりカフェを開催しております。会社選びの注意点や土地の探し方、住宅ローンについてなどの疑問やお悩みを家づくりのプロに何でもご相談をできます。新築を建てる予定がある方はもちろん、家づくりにご興味がある方はお気軽にお申込みください。

▼家づくりの相談ができる「家づくりCAFE」のお申込みはこちら

https://thehaus.jp/booking/

PAGE TOP