つながるLDKとのびやかな吹き抜けのある和モダンの家 - 北九州・行橋・中津で注文住宅を建てるならザハウス | THE HAUS

THE HAUSが建てた家WORKS

HOME > 施工事例 > つながるLDKとのびやかな吹き抜けのある和モダンの家

WORKS

つながるLDKとのびやかな吹き抜けのある和モダンの家
新築住宅 /BASE ベイス

2018.10.10

DATA
所在地 中津市
構造 2階建て

STORY

ストーリー

「住みやすさ」と住むことが楽しくなる「デザイン性」を両立させたいという想いで、建築士と機能美を追求しました。

間取りのコンセプトは、「つながるLDKで、家族がつながる」。

家族の時間を過ごすリビングを中心にしてキッチンと畳スペースがつながるように配置。生活空間をすべて見渡せるので、どこにいても、いつでもお互いの存在を感じることができます。

ソリッドな印象を持つ外観を、木の風合いでなじませた和モダンスタイルの住まいです。

 

ディテールにこだわった外観デザイン

シンプルな片流れの屋根

片流れ屋根の大きな魅力でもあり、人気の理由の1つとなっているのが、そのシンプルなデザイン。この屋根は1枚の勾配のついた屋根面だけでなることから、寄棟屋根や切妻屋根などと比べると非常に簡単な構成に。グレージュの塗り壁との相性を考えてシンプルな片流れの屋根を採用しました。

 

無垢の杉で造作した木塀

黒と木のコントラストが美しい木塀は杉の無垢材で造作。日が暮れるとライトアップされた幻想的な空間が浮かび上がります。周囲の視線を遮って目隠しとしての機能も果たしてくれます。

 

LOW-Eペアガラスの窓

太陽の日遮熱を50%以上カットするLOW-Eペアガラスの遮熱タイプを採用しました。明るさはしっかり採り込みながら暑さはシャットアウトしてくれる高性能な窓ガラスです。

 

つながるLDK

一直線につなげたLDK。いつでも家族の存在を感じることができる空間です。また、効率の良い動線とムダなスペースを省いた間取りでもあるため家事の負担を軽減できます。

 

開放感をつくりだす吹き抜け

天井に高低差をつけることで実際の面積よりも広く感じられます。吹き抜け部分の天井には空気を循環させるシーリングファンを設置しました。

 

重厚感のあるプレミアムなキッチン

ベトンカラーをまとった重厚感のあるキッチンを採用。広さや収納もたっぷり。毎日の料理が楽しくなるような上質なデザイン性と機能性を両立させたプレミアム仕様です。

 

畳スペース

和紙畳を使用した畳スペースは肌触りがよく、お客様をお迎えする場としてはもちろん家族がゴロンと横になってくつろぐ場としても大活躍。畳と浮造り仕上げの杉板の組み合わせが格調の高さを演出します。建具にはプライベートを守りながら陽射しは通す障子を採用しました。

 

共有スペース

お子様の勉強机や書斎など多目的に使える共有スペースを設けました。子ども室と寝室の中間に設けることで、個室間の生活音がなるべく聞こえないように配慮しました。

 

可変性のある子ども室

部屋の中央に間仕切りして2部屋にできるよう天井や壁に工夫を施しました。家族構成やライフスタイルの変化に合わせてカスタマイズできます。