❝桜ヌック❞で花見を愉しめる家 - 北九州・行橋・中津で注文住宅を建てるならザハウス | THE HAUS

THE HAUSが建てた家WORKS

HOME > 施工事例 > ❝桜ヌック❞で花見を愉しめる家

WORKS

❝桜ヌック❞で花見を愉しめる家
新築住宅 /BASE ベイス

2022.04.19

DATA
所在地豊前市
構造平屋
延床面積103.92㎡

STORY

ストーリー

敷地の前の桜並木を窓から眺められる「ヌック」が主役。

小ぢんまりとした籠もれるスペースのそこは、お茶を飲んだり、本を読んだり、お子様の宿題を見たり。家族のそばでもあり、一人にもなれる場所。家で過ごす時間が増えた分、LDKや和室、個室以外にも”過ごせる場所”をつくって、ストレスフリーに暮らせる家を目指しました。

 

ディテールにこだわった外観デザイン

 

人気の“くすみカラー”と木の組み合わせ

くすみがかかったようなモスグリーンとカラ松を組み合わせて、落ち着きのあるナチュラルモダンな仕上がりに。

屋根は片流れを採用して、シャープさと存在感を出しました。

 

軒のないシンプルな外観

軒のない家は太陽の光を多く採り込めるというメリットがあるため、日中は照明を点けずとも自然光で室内を明るく照らすことができます。

また、軒がない分、スッキリとしたシンプルな外観となり、デザイン性を重視する方にオススメです。

 

メンテナンスコストを削減できるガルバリウム鋼板の屋根

金属製でありながらサビに強く、耐久性や放水性が高いガルバリウム鋼板。

耐用年数も長く、長持ちします。また、張替えが必要となっても短時間で手軽にできるためメンテナンスにかかる費用を抑えられる人気の屋根材です。

 

汚れにくいStoの外壁材

水をはじく撥水効果の高い、ドイツ生まれの外壁材を採用。汚れの粒を取り込みながら表面を転げ落ちる性質があるため、雨と外壁に付着した汚れが一緒に落ち、自己洗浄力のある外壁を可能にしました。

 

 

桜並木を眺められるヌック

 

隣地の桜の木を借景とする窓を持つカウンタースタイルの居場所。ほどよくリビングとつながるように配置して、家族とちょうど良い距離感を保てます。

 

 

ひとり時間を満喫できるロフト

 

 

昼寝やちょっとひと息つけるのんびりスペースにするもよし、趣味部屋にして集中できるスペースとして使えます。

梯子で昇り降りするスタイルなので空間を圧迫しません。

 

 

プライベート感のあるタイルデッキ

 

デッキの左右を壁で囲んでいるから周囲の目を気にすることなく、ひなたぼっこや水遊びなど、家族とのおうち時間を楽しめます。

汚れ落ちが良く、腐食や経年劣化が少ないタイル素材を採用しました。

 

 

空間に変化とデザイン性を生む下がり天井

 

広い空間の一部に、天井の高さや色、素材感が違う天井をつけることで変化が生まれ、デザイン性を高めます。

無垢の杉材を使って、落ち着いた上質感のある空間に仕上げました。

 

 

多目的に使える和室

 

お子様の遊び場やお昼寝、洗濯物たたみなど、多目的に使える和室は、あると便利なスペース。来客時には客間としても使えます。リビングとつなげつつ床の空間を出した吊り押入れにしているため、より広さを感じられます。

 

 

生活感を出さない裏動線

 

玄関からシューズクローク兼パントリーへ進むとキッチン横へつながる動線を確保。

勝手口を兼ねた土間収納の出入り口にもなり、お客様に見せたくないような物の収納に最適です。

 

 

家事時短を叶える洗濯動線

 

 

 

洗濯して室内干しして、乾いたらハンガーに掛けたまま隣のクローゼットへ。洗濯動線を最短にすることで衣服の移動も最短になり、毎日の家事の時短と散らかりにくいリビングを叶えます。