30坪でも快適な暮らし〜セミオーダー住宅〜 - 北九州・行橋・中津で注文住宅を建てるならザハウス | THE HAUS
HOME > WEBマガジン > スタッフブログ > 30坪でも快適な暮らし〜セミオーダー住宅〜
2021.07.13 | WEBマガジン
ザハウス

POSTED

THE HAUS

30坪でも快適な暮らし〜セミオーダー住宅〜

ザハウス

POSTED

THE HAUS

こんにちは。設計担当の田中です。皆様は「30坪の家」と聞いてどんなイメージがありますか? 少し小さく感じる方もいらっしゃるかもしれません。
実は、広さや開放感、快適性といった体感は、間取り次第で変わります。いくら坪数が大きくても間取りが悪ければ、居心地の良い空間にはなりません。
ザハウスのセミオーダー住宅は30坪前後ですが、坪数以上の広さや開放感を感じられます。それは、プロの建築家が考え抜いて間取り設計しているから。広々とした快適な住環境に大満足をいただいています!
今回のコラムでは、30坪でも快適に暮らせる家づくりのポイントをご紹介します。

 

広さを感じさせるポイント

広さを感じさせる間取りには、いくつかポイントがあります。ちょっとした工夫で広さと開放感を感じる空間になりますので、参考にしてみてください!

 

デッドスペースを活かした収納スペース

快適な住まいには収納が欠かせませんが、収納の分だけ面積が必要となります。そこで、ザハウスでは収納階段下のデッドスペースや小上がりの段差を活かして収納スペースを設置。設計の工夫によって限られたスペースを有効に活用しています。

 

 

 

できるだけ廊下を省く

できるだけ廊下を省いて、LDKや居室の面積を広く確保できるように。例えば、洗面台やトイレ、浴室、脱衣室などの水まわりを1つの廊下に面するように配置するなどして、無駄なスペースは徹底的に省き、使い勝手が良い間取りを採用しています。

 

 

 

 

外の景色を採り込むような窓

外の景色を取り込むような大開口の窓は、室内から四季折々の景色を堪能できます。室外と室内に一体感がつくられ、空間に抜け感と拡がり感をプラス。室内にいながら自然の中にいるかのような開放的な気分を楽しめます。

 

 

 

吹き抜けや勾配天井で高さを出す

広さは高さでカバーできます。坪数が小さい家でも吹き抜けや勾配天井を取り入れることによって、空間に広さとゆとりが生まれます。

 

 

 

なるべく仕切りとなる建具を設けない

仕切りとなる建具は、空間を分断して圧迫感を感じやすくなります。できるだけ建具の数を減らすことで、抜け感を出せます。

 

 

壁の一部に室内窓を設ける

壁で仕切るのではなく、一部に窓を設けることで圧迫感のない拡がりのある空間をつくり出せます。家族の様子に目が届きやすく、コミュニケーションの機会も増やせます。

 

 

 

壁を天井まで通さない

壁と天井の間に少し隙間があるだけで圧迫感を感じにくくなります。開放的な心地よさを感じる空間がつくれます。

 

 

収納扉を床まで通さない

収納の扉を床から少し高い位置に設置。床と収納の間の隙間が空間に拡がりをつくり出します。

 

 

 

クロスの色に配慮

広い面積を占めるクロスの色みは、空間全体の雰囲気に影響します。圧迫感を感じやすい濃い色みは避けて、明るい色みや淡い色みを選ぶことで空間に拡がりと開放感が生まれます。

 

限られた坪数の中で面積をプラスする工夫

 

ロフト

自宅で仕事をされる自営業夫婦の作業スペースとしてつくったロフトスペース。パソコンやプリンタも置ける座卓と書類などを整理しやすいように本棚も設置。休憩にも使えるようにカラダにやさしい無垢の木を使っています。
壁ではなく格子の手すりで隔てているので階下を覗けばダイニングの様子もうかがえます。

スキップフロア

スキップフロアとは1階から2階の間にある中間階のこと。建築基準法上、3階建て住宅を建てること難しいケースでもスキップフロアであれば複数の床ができ、床面積を効率よく増やせるため空間を有効利用できることができます。増えた床面積を活用して、書斎や趣味の空間を作ったり、収納を増やしたりなど、さまざまな活用ができます。

 

 

アウトドアリビング

テラスもリビングの一部に。リビングからつながるテラスやデッキは、リビングとの一体感を出して開放感な空間。実際の面積より広さを感じさせてくれます。

 

安心の定額制、間取りは自由な「THE HAUS standard」

ザハウスのセミオーダー住宅「THE HAUS standard」は、坪数によって金額が決まっている定額制を採用。6つのデザインスタイルの中からお好みのスタイルを選べます。間取りは自由なので、ご家族の暮らしに合わせてプロの建築家がご提案します。

 

【 6つのデザインスタイル 】

 

デザインスタイル「BASE」

ムダをそぎ取り、シャープなかっこ良さを追求した、一番人気のデザインスタイルです。

デザインスタイル「BASE」

 

 

デザインスタイル「IORI」

現代的なライフスタイルに沿いながら、和の落ち着いた雰囲気や木の温もりを感じる和モダンなスタイル。

デザインスタイル「IORI」

 

 

デザインスタイル「LOTTA」

三角勾配の屋根と白い外観が特徴的な北欧スタイルの家。白やグレーなどのスモーキーカラーを基調とした上品な色使いと美しいフォルムが特徴です。

デザインスタイル「LOTTA」

 

デザインスタイル「BROOK」

レンガやタイル、アイアン、無垢の古材など、NYのブルックリン地方のデザインや素材を取り入れたビンテージ感のあるスタイルです。

▶デザインスタイル「BROOK」

 

デザインスタイル「木織」

フローリングはもちろん、天井や梁、腰壁、建具などに無垢の木をふんだんに取り入れた住まいです。

デザインスタイル「木織」

 

デザインスタイル「LOTOFF」

LOTOFFは無垢材やアイアン、モルタル、OSBボードなどの異素材を組み合わせて遊びゴコロを詰めこんだ、まるで大人の秘密基地のようなスタイルです。

デザインスタイル「LOTOFF」

 

今回は、30坪でも快適な暮らしを実現するポイントをご紹介しました。

 

◎ザハウスのHPでは無垢材を用いた施工事例を数多く掲載しております。さらに実際に建築された家に暮らしているお客様のインタビュー記事もありますので、自然素材の注文住宅にご興味がある方はぜひご覧ください。

RELATED POST

関連記事