『新人、永峯の無垢マイスターへの道!』無垢材の原点 - 北九州・行橋・中津で注文住宅を建てるならザハウス | THE HAUS
HOME > WEBマガジン > スタッフブログ > 『新人、永峯の無垢マイスターへの道!』無垢材の原点
2021.10.06 | WEBマガジン
ザハウス

POSTED

THE HAUS

『新人、永峯の無垢マイスターへの道!』無垢材の原点

ザハウス

POSTED

THE HAUS

ご無沙汰しております。

広報部の永峯です。

あっという間に、今月で入社8ヶ月目になりました!!!

少し時間が空きましたが、今回も前回に引き続き『新人永峯の無垢マイスターへの道』をコンセプトにお送りいたします!
今回情報を共有させて頂くのは『無垢材の原点』についてです。
それではよろしくお願いいたします!

 

無垢材とは?

私が初めて『無垢材』と聞いたとき、なんのことだか、、、、という感情になったことを今でも覚えています。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、ここで簡単に説明させて頂ければとおもいます♪

無垢材とは、「混じりもののない、素材そのもの」の木のことです。

 

 

皆さんも見たことがある無垢材は上の写真のようなキレイにカットされているものが多いのではないでしょうか?

とあるところに行くまでは私自身もキレイにカットされた無垢材しか見たことがありませんでした。

実は先日、ザハウスの動画を作成することが決まり、無垢材売買の現場見学に伺うことに!

そこで無垢材の原点を見ることができたのです。

 

無垢材の原点

 

日田森林組合さんから車で20分。

普段は関係者しか入ることのできない、山を見せていただきました。

写真からも伝わるとおり、山に職人さんが足を運び、重機を使って木を伐採するところから無垢材の加工は始まります。

とっても暑い中、炎天下でのお仕事に脱帽です。

 

伐採した木の幹は自然現象でやがて腐れ、土に還っていくとお聞きしました。

また、伐採した場所には新しい木の子どもを植え、自然を保つ試みをされているそうです。

 

木材の競り

 

 

職人さんが伐採した木を買うために朝から競りが行われていました。

凄く活気があり、見ているだけでもワクワクしました♪

写真で木の丸太がたくさん積み上げられていますが、皆さんはどこからどこまでを買っているのかご存知でしょうか?

正解は赤の柱から次の柱の間をひとまとまりとし、競りにかけているそうです。

 

現場の様子

 

この日は、快晴で写真映えするお天気でした♪

 

家づくりを始めた方はもちろん、これから新築を建てる予定がある方、家づくりにご興味がある方もお気軽にお申し込みください♪

会社選びの注意点や土地の探し方、住宅ローンについてなどの疑問やお悩み相談、お待ちしております!

RELATED POST

関連記事