忙しい主婦の味方! 家事ラクを叶えるユーティリティスペース - 北九州・行橋・中津で注文住宅を建てるならザハウス | THE HAUS
HOME > WEBマガジン > スタッフブログ > 忙しい主婦の味方! 家事ラクを叶えるユーティリティスペース
2021.06.16 | WEBマガジン
ザハウス

POSTED

THE HAUS

忙しい主婦の味方! 家事ラクを叶えるユーティリティスペース

ザハウス

POSTED

THE HAUS

今回のコラムでは、主婦目線からインテリアコーディネートを考える宮吉が、家事ラクを叶えるユーティリティスペースをご紹介します。忙しい共働き夫婦にはぴったりのスペースです!

ユーティリティスペースとは

ユーティリティスペースとは家事室のことで、洗濯、アイロン、裁縫など家事全般の作業を効率よく行うためのスペースです。
家事に仕事に子育てにと毎日忙しい主婦にとって、“家事をいかにラクにできるか”は、家を建てるときの重要課題! ユーティリティスペースは、そんなご要望を叶える“家事ラク部屋”とも言えます。

 

ユーティリティスペースのメリット

 

効率の良い家事動線で洗濯をラクに

効率の良いユーティリティを考える上で一番大切となることが動線です。料理をしながら洗濯をしたり、掃除をしたり、“ながら作業”ができる動線をつくることで家事の効率がグンと良くなります。そのためには、キッチンや洗面室に隣接してユーティリティスペースを設ける間取りがおすすめです。

 

洗濯の作業を集約できる

「洗濯機を回す、干す、アイロンをかける、たたむ、収納する」という洗濯の作業を集約できることもユーティリティスペースの魅力です。家事動線が短縮でき、作業効率が良くなるため、家事の時短にもなります。

天候や時間帯に左右されず洗濯できる

天候や時間帯を気にせず、いつでも洗濯ができることは、忙しい共働き夫婦にとって大きな魅力ですよね。室内干し用のパイプには、使うときだけ設置できるものや、見た目もおしゃれなアイアン素材のものなど、様々なタイプがあります。暮らしやデザインスタイルに合わせて選べます。

 

作業や趣味のスペースとして使える

裁縫や事務作業も家事の1つです。ユーティリティスペースの一角にカウンターを設置して、専用の作業スペースに。集中して作業を進められます。
家事以外にも一人でゆっくりと読書やコーヒーを楽しむスペースとしてもおすすめです。日常の忙しさから少し離れて、リラックスタイムを味わえます。

 

ユーティリティスペースを充実させるもの

ユーティリティスペースをより快適に、充実させるためにあると便利なものをご紹介します。

 

室内干しスペース

室内干し用のレールを設置して、天候や時間帯に関係なく洗濯物が干せるように。忙しい共働き夫婦の頼もしい味方です。花粉やPM2.5などの有害物質が衣類に付着するのも防げます。

カウンター

アイロンがけやミシン、ちょっとした事務作業などに便利なカウンター。カウンター下の空間には洗濯カゴやアイロン、裁縫道具を置くスペースに。カウンターの上部には、造作棚を設置して収納として使うのもおすすめ。インテリアとしても活躍します。

 

収納

入浴後に使うタオルや下着などを一箇所にしまえる収納があると、洗濯の負担を減らせます。ユーティリティスペースだけで、洗濯から収納までを完了できます。

ザハウスでは、収納量や使いやすい高さなど、ご家族の暮らしに合わせて収納を造作しています。

 

ザハウスのユーティリティスペース

ザハウスでは、戸建て住宅の設計に精通した建築家やインテリアコーディネートが家事をラクにする家事動線や美しくスマートに暮らすための収納の考え方を提案しています。

湿気が籠りがちなユーティリティスペースも、調湿効果にも優れた無垢のフローリングが触れるたびにさらっとした心地よさを与えてくれます。

 

1箇所に集約して洗濯をラクに

洗濯して干す、たたむまでの作業を最短距離で完結できるように動線を設計。洗濯機置き場と洗濯物を干すための金具、作業台を1ヶ所にまとめました。効率の良い洗濯動線が家事にかかる時間と負担を軽減してくれます。

 


▼洗濯から洗濯干しまで1箇所で完結できる洗濯スペース
事例

 

洗面化粧室に隣接した家事室

できるだけ家事を1箇所で完結できるように、洗面化粧室に隣接してユーティリティスペースをつくりました。カウンターと収納棚も造作。家事に育児に忙しい子育て世代をサポートします。

▼家事時短を応援するユーティリティ
事例

 

キッチンに隣接して“ながら家事”を可能に

洗濯機置き場にユーティリティを設けて、ここだけで洗濯が完了するように。キッチンの裏側に位置しているので、料理の合間に洗濯ができるのもポイントです。室内干しもできるので、天候や時間を気にせず洗濯が可能に。洗濯物に有害物質が付着するのも防げます。
▼室内干しもできるユーティリティ

事例

 

勝手口を設置してゴミ出しもラクに

キッチンに隣接したユーティリティスペースには、勝手口を取り付けました。ゴミ置き場とゴミ出し動線をあらかじめつくっておくことで、日々の負担を軽減します。
天井には、室内干しができる金具を設置。雨の日や花粉の時期でも気にせず洗濯ができます。

今回は、忙しい共働き夫婦におすすめのユーティリティスペースをご紹介しました。

 

◎ザハウスのHPでは他にも数多くの施工事例を掲載しております。家事ラクを応援するスペースの施工事例もありますので、ご興味がある方はぜひご覧ください。

RELATED POST

関連記事