美しさが際立つ塗り壁の外壁 - 北九州・行橋・中津で注文住宅を建てるならザハウス | THE HAUS
HOME > WEBマガジン > スタッフブログ > 美しさが際立つ塗り壁の外壁
2020.12.15 | WEBマガジン
ザハウス

POSTED

THE HAUS

美しさが際立つ塗り壁の外壁

ザハウス

POSTED

THE HAUS

独特のテクスチャが美しく、重厚感のある佇まい。
家の印象を決める外壁は、熟練した左官さんがコテを使って丁寧に手作業で仕上げる塗り壁を標準仕様としています。
さらに、ザハウスでは、デザインスタイルに合わせて「スイス漆喰」と「Sto」という2種類を使い分けています。

 

軒があるデザインスタイルには「スイス漆喰」を使用

 

アルプス山脈の石灰岩からできた多孔質のスイス漆喰は、生き物のように呼吸をします。外壁材に使用したスイス漆喰は、夏の暑い日には壁面に受けた熱を放出し、逆に寒い冬には蓄熱することで外気温から室内を守ってくれます。
軒があるデザインスタイルにはスイス漆喰を使用。見た目の美しさはもちろん、自浄作用にも優れているためお手入れやメンテナンスもラクにできます♪

 

軒なしのデザインスタイルにはドイツ製の「Sto」を使用

 

Stoは、撥水効果が高いドイツ製の塗り壁です。強度も高いので、雨風の影響をダイレクトに受ける軒がないデザインスタイルの外壁もStoなら美しい状態を長くキープ。カラーバリエーションが豊富で、美しい風合いと経年変化を楽しんでいただけます。汚れがつきにくい外壁材のためメンテナンスにかかる手間や費用を抑えてくれます!

 

ライフサイクルコストを削減

 

屋根と壁は、家の中で一番ダメージを受けやすい場所。塗り壁はメンテナンスの手間や費用をカットすることができるのも魅力です。一般的な住宅でよく使われるサイディングの外壁材は、数年ごとにコーキング補修や塗り替えが必要となり、30年間で約410万円ものメンテナンスコストがかかります。ところが、塗り壁なら定期的な外壁洗浄のみでコーキング補修は不要、30年後に上塗りをする程度なので、30年間のメンテナンスコストは約110万円。その差は約310万円にもなります。削減できたメンテナンス費用は、お子様の教育資金や老後の生活費に充てることも!

住んでから余計なコストをかけずにすむ賢い家づくりをしませんか?
まずは、モデルハウス見学会にぜひお越しください。

RELATED POST

関連記事