注文住宅だからできる趣味部屋vol.1 ~ ガレージ編 ~ - 北九州・行橋・中津で注文住宅を建てるならザハウス | THE HAUS
HOME > WEBマガジン > スタッフブログ > 注文住宅だからできる趣味部屋vol.1 ~ ガレージ編 ~
2021.11.23 | WEBマガジン

POSTED

MASANE
NAGAMINE

注文住宅だからできる趣味部屋vol.1 ~ ガレージ編 ~

POSTED

MASANE
NAGAMINE

注文住宅だからできることってたくさんありますよね。
その中でも人気の高いのが趣味部屋。

特にご主人さまからは、車やバイクの駐車場としてだけでなく、

DIYやバーベキューなどアウトドアを楽しめる空間としてガレージをつけたいというご要望をいただきます。

そこで、今回ご紹介するのはガレージ特集です!

 

ご存知の方も多いと思いますが、出入り口を除いた3方向と屋根で囲まれた駐車場のことをガレージといいます。

出入り口は、シャッターを設けて開け閉めができるタイプと、シャッター等がなく常時開放しているタイプの2種類です。

 

注文住宅だからできるさまざまなガレージ

 

■独立式ガレージ

独立式ガレージは、住宅とは別に建てるガレージを指します。

住宅の建設時期に左右されず建てる事ができ、比較的安価な特徴がありますが、住宅の玄関からガレージに異動する際に、外を通らなければならないため、雨の日には濡れてしまうことがあります。

既製品とオーダーメイドの2種類があり、既製品はガレージの中で最も安価ですが、デザインの選択肢が限られます。価格は、ガレージ本体とコンクリート打診工事を合わせて、100万円程度が相場です。

オーダーメイドは、1から設計して建てるので、デザインや広さなどを自由に決める事が出来ますが、既製品と比べて価格が高くなります。

使用メリットとして、車や自転車、バイクなどが雨風に直接当たることが無いため、サビや傷、汚れから守ってくれます。

 

■ビルトインガレージ

ビルトインガレージは、住宅とガレージが一体となったガレージを指し、ビルトインガレージを新築時に設置することを想定して設計された住宅をガレージハウスと呼びます。

住宅の1階部分に駐車スペースを作るので、敷地が狭くても駐車場を設置でき、住宅から外に出なくても行けるといったメリットがあります。

設置する場合は、強度や構造を計算して設計されるので、デザインや広さの自由があります。

また、ガレージにと住居スペースの間に勝手口を設け、家と繋げることで、雨の日でも傘をさすこと無く、車に乗ることができます。

その他にも、シャッターを設けると鍵を掛けることができるため、盗難などからも守ってくれます。

 

 ザハウスのガレージ集

中津市K様邸

『家族全員の車&自転車が停められるガレージ』

ご夫妻の車やバイク、お子様の自転車がまとめて停められるガレージを設置。

雨や風から大事な愛車を守ります。またガレージから室内に入れる勝手口を設けて効率の良い動線を確保しました。雨の日でも安心です。

天井と壁にはOSBボードを使って、男ゴコロをくすぐる空間に仕上げたところがポイントです。

 

 

▶豊前市N様邸

『天然の無垢材で仕上げた、上質な2つのガレージ空間』

休日はピットインガレージで趣味のDIYに没頭したり、家族でBBQを楽しんだり。

ピットインガレージは雨の日に濡れずに家の中へ移動する際に役に立ちます。

 

車やバイクの駐車場以外にも、様々な使い方ができるガレージ。

DIYやバーベキュー、釣り道具などの収納、雨の日のお子様の遊び場になったり、雨を気にせず洗濯物を干せたりと使い方によっては家族全員が何らかの用途で使用でき、楽しめる場所になります。

今回のコラムが皆さんのお家づくりのお役に立ちますように♪

RELATED POST

関連記事